改名の際の注意点|赤ちゃんや新しい会社の名前でお悩みなら姓名判断でお悩みを解決!

改名の際の注意点

水晶玉を持っている手元

赤ちゃんの名前を姓名判断に従って考える時、実は性別も重要になります。
ですが、その話に入る前に先に「大吉」とされる総画数をご紹介しましょう。姓名判断や社名の占いにおいて、以下の総画数が「大吉」とされています。

それは1画、11画、16画、21画、23画、31画、32画、41画、と言われています。

姓名判断では地格であれ総格であれ、上記の画数であれば「大吉」です。
なので赤ちゃんの名付けの際にはまず、名前の総画数を上記の画数にする事を目指します。しかし、赤ちゃんが「女の子」の場合には注意が必要です。

実は同じ「大吉」であっても、細かい運勢は各画数によって異なります。画数によっては、多大な幸運と引き換えにある程度のリスクが生じる場合があるのです。

女の子の人生を考えると、「総格」の「23画」と「32画」の運勢はリスクが高いとされています。
そのため女の子の名前を考える場合には、総格(姓名の総画数)が23画および32画にならないように注意しましょう。男の子の場合には、この点を気にする必要はありません。
また、赤ちゃんの名前を考える際にはできれば「五格」全てを考慮したいものです。五格には以下の種類があります。

総格:姓名の総画数。人生の大勢(特に晩年)に影響します。
天格:苗字の総画数。家系の宿命を表します。
地格:名前の総画数。未成年時代の素質、知力、体力に影響します。
人格:姓の最後の文字と名の最初の文字の総画数。社会人時代の才能、対人関係に影響します。
外格:総格から人格を引いたもの。生活環境に影響します。

インターネット上の無料診断などを利用し、五格のバランスがとれた名付けをしましょう。