占った時点での運勢|赤ちゃんや新しい会社の名前でお悩みなら姓名判断でお悩みを解決!

占った時点での運勢

日光を浴びている女性

日本には本当に、数多くの占いがあります。
しかし占いを信じるか信じないかは、それぞれの人の自由です。自分が占いにハマっているからと言って、その占い結果を他人に強く押し付けるのはやめましょう。

「占いの結果」についてですが、それはあくまで「占った時点での運勢」だという事を理解する必要があります。
例えば赤ちゃんの名前を姓名判断によって決める場合、姓名判断が導き出すのは「名付けをされた瞬間でのその赤ちゃんの運勢」になります。
赤ちゃんのその後の生き方、出来事次第で、姓名判断よりも強い運勢の転換点が生じるかも知れない事を、肝に銘じておきましょう。

何が言いたいかと言えば、「占いの結果は絶対ではない」のです。それを説明できるような話として、「カオス理論」の話があります。
カオス理論は、「数的誤差により予測できないとされる複雑な現象を扱う理論」です。何の事かさっぱりですよね。具体例を挙げましょう。

今、天気が雨で、貴方は傘を差しているとします。貴方は「次の雨の一粒が自分の傘のどこに落ちてくるか、予想できますか」?
はっきり言って、人間にはそれが不可能です。しかしそれをコンピュータを用いてやってみようとするのが、カオス理論です。
カオス理論はつまるところ、「運命」を肯定しています。「次の雨の一粒が傘のどの部分に落ちるのかは決まっているが、それを計算する事がとても難しい」というのが、カオス理論の考え方です。
これを占いに当てはめてみると、「運勢は決まっているが、それを正確に知る事は難しい」のです。何故なら占う時点で存在しない情報は、占い結果に反映されませんからね。